教室の行事

1年~1年3ヶ月くらいの間にピアノの上達度の確認と他の人の演奏を聞くために発表会を行います。
発表会に出ることで、目標ができ、
大勢の前で弾く事で得られる満足感、達成感、充実感を得るようで皆、発表会というと目を輝かせます。
長いお休みの時など、不定期に少人数でのソルフェージュレッスンを行います。(その都度お手紙などでご案内します)
リズムや歌、視唱など、一人より沢山で取り組んだ方が楽しく身に付くのと、教室の横のつながりを作り、ピアノを弾く励みに繋がればよいと考えています。
発表会より和やかな雰囲気で、みんなで弾く機会を持ちたくて不定期にクリスマス会を行ってきましたが、毎年開催を目指します。
ソロ中心、連弾中心、家族でのアンサンブル参加、ハンドベル、ゲームなど、プログラムはその年で変わります。
ピアノコンクールに出ることで、その後のピアノに対する意識が大きく変わるケースを沢山見てきました。
誰かに認めてもらうことが練習の励みになればと考えてコンクール出場を提案してきましたが課題曲にじっくり取り組むことで、楽譜に書いてある事、そして書いてない事も自分でじっくり見るようになります。
音を大事に弾くようになります。

ギャラリー